WordPress

403Forbiddenの原因がWordfence Securityプラグインだった件

403forbidden

WordPressでGoogleアドセンスのコードを貼りつけようとしたら、403 Forbiddenの文字が表示されて、HTMLタグ設定ができない現象がありました。

403エラーが出る原因はいろいろあるようですが、「Wordfence Securityプラグイン」もその一つでしたので、メモがてら解決方法とともにご紹介します。

 

WordPressで403エラーが出た経緯

当サイトでは、Wordpressのテーマとして「JIN」を使っています。

JINでのHTMLタグ設定の画面

「JIN」では、<head></head>内にコードを貼りつけたい場合、

  1. 「HTMLタグ設定」を選択
  2. 【head内】の空欄にコードを貼りつける
  3.  変更を保存

 

することで、テーマ編集をせず手軽にHTMLタグ設定を行うことができます。

今回、【head内】の空欄にコードを貼りつけて変更を保存しようとすると、「403 Forbidden」という403エラー画面が表示され、HTMLタグ設定をすることができませんでした。

 

HTMLタグ設定での403Forbiddenエラーの原因

WordPressの403エラーの原因は、ドメインの設定やロリポップのWAF設定など、さまざまあるようですが、今回はセキュリティー対策のためにいれていた「Wordfence Security」プラグインによるものでした。

以下は、HTMLタグ設定をして表示された画面です。

403forbiddenが表示された画面。wordfenceが原因であることが記載されている。

Wordfenceが原因であることがガッツリ表示されています。

403の画面に「どないしよ!」とあせって、時間をかけてあちこち検索したというのに、よく画面を見たら原因が表示されていたっていうオチです。

ロリポップのWAF設定が原因の場合は、以下の「JIN」マニュアルページをご参考ください。

JIN MANUAL:よくある質問「広告管理やHTMLタグ設定において403エラーが表示される」

 

403エラーを解決してHTMLタグ設定を行う

Wordfence Securityは、セキュリティー対策でいれているプラグインなので、個人的に削除したくはありません。

よって、以下の手順のように、Wordfence Securityプラグインを一旦停止することでHTMLタグ設定を行いました。

  1. プラグインページで、Wordfence Securityを一時的に停止する。
  2. その後、HTMLタグ設定のページでコードを貼りつけ、変更を保存をクリック。
  3. プラグインのページへ戻って、Wordfence Securityを有効化する。

 

Wordfenceを有効化する画面

これにより、403エラー問題が解決し、目的のコードを貼りつけることができました。

同じように悩んでいるあなたのご参考になれば、幸いです。